薬物依存症

薬物依存症にならないために〜危険な誘惑に負けてはいけません

薬物依存症にならないために〜危険な誘惑に負けてはいけません

薬物(いわゆるドラッグ)は人体に強い快感を引き起こし、容易に依存症へと導いてしまいます。

 

一回だけのつもりで使用しても、その強い依存性によって自分の意志ではやめることが出来なくなり、そのままズルズルと薬物依存症になってしまう人が多いのです。

 

最近では脱法ハーブによる薬物依存症のニュースも多く目にするようになりました。

 

なぜ薬物は怖いと言われているのか、そしてなぜ依存してしまうのかについて、理由を交えて解説してみたいと思います。

 

なぜ薬物が手放せなくなってしまうのか?

薬物の使用により、日常では体験することのできないような快楽を得ることができます。

 

このような快楽は薬物以外では手に入れることができないために、「またあの快楽を味わってみたい」という思いから何度も繰り返し使用することで、やがて薬物依存症となってしまいます。

 

初めのうちは、少ない量の薬物で十分に快楽を得ることができるのですが、しかし、使用を続けていくことによって、身体に耐性ができてしまいます。

 

そして初めての頃と同じく強い快感を得るためには、より量を増やしていかなければ効果を感じづらくなっていってしまいます。

 

つまり使用するたびに徐々に量が増えていくことになり、最終的には薬物依存症ないし薬物中毒といった症状を引き起こします。

 

このように、人間は簡単に薬物に依存してしまう特徴があるために、たとえ一度であっても使用すべきではありません。

 

実は、薬物は精神的な依存がとても大きいものです。

 

たとえば、ドラッグの代表格ともいえるコカインですが、これは薬物のなかでも比較的肉体的な依存性が弱いものです。

 

それにもかかわらず、コカインに依存してしまう人が多くいる大きな理由は、精神的なものによるといわれています。

 

これは現在において流行を見せている脱法ハーブにも言えることです。

 

肉体的な依存性が弱く、精神的な依存性が強いということは、言い換えるのであれば強い意志さえあればやめることが可能であるといえます。

 

依存してしまうとどうなるのか

薬物依存症により、ドラッグなどを多量に使用すれば中毒症状を引き起こします。

 

頭痛や吐き気、または嘔吐、場合によっては意識不明となることも少なくありません。

 

最近は、脱法ハーブの使用によるさまざまな事件や事故がニュースで頻繁に報道されています。

 

脱法ハーブを使用した人が自動車事故を起こしたショッキングな映像を記憶している人も多いことでしょう。

 

薬物はタバコなどと同じく、誰かにすすめられて興味本位で使用してしまうことも多いようです。

 

しかし、たった一回の使用で容易に薬物依存症を引き起こしてしまう可能性があります。

 

自分自身の人生を破たんさせないためには、こうした危険な誘惑には毅然としてノーという勇気を持ちましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加