整形依存症

整形依存症の美へのこだわりと背景にひそむコンプレックスの問題

整形依存症の美へのこだわりと背景にひそむコンプレックスの問題

美しさを追求するあまり、美容整形にはまってしまう整形依存症というのがあるのをご存知でしょうか。

 

近年では、美容整形クリニックといったものが国内では増加しており、日帰りで行えるといった手軽な手術も登場してします。

 

もともとこうした美容整形は、コンプレックスを克服してより美しくなるためものであったはずなのに、なぜ依存症と呼ばれるほどはまってしまうのでしょうか?

 

ここでは、その理由をさぐってみたいと思います。

 

なぜ美容整形にはまってしまう?

美容整形を受ける人のなかには男性もいますが、その多くは女性となっています。

 

スポンサーリンク

 

そういった手術を受ける人の顔つきや体型はさまざまであり、自分が感じているコンプレックスを解決する手段として利用する方がほとんどです。

 

手術によってその悩みが解消され、そのことに満足すれば問題はありません。

 

しかし、なかにはその満足の度合いがエスカレートしてしまうケースもあるのです。

 

顔や体の一部が改善されたとしても、それだけは満足できずに、こんどは別の部分が気になってしまったりします。

 

その結果、再び美容整形手術を受けることになってしまうのです。

 

つまり、美容整形依存症というのは、自分にとって理想の身体を手にいれることに、徹底的に執着してしまうのです。

 

しかし、こうしたコンプレックスから起因する美容整形では、満足な結果が得られることは少ないようです。

 

なぜかというと、みにくいと感じてしまうのはあくまで当事者の主観であるためです。

 

スポンサーリンク

 

 

また、整形手術を繰り返すことによって、顔や体のバランスが逆に不自然に見えたり、崩れていってしまったりすることもあります。

 

その結果、負のスパイラルにはまり、ますます整形依存症を悪化させてしまうことになってしまうのです。

 

さらに重症になると

整形依存症は当事者だけの問題なのですが、それほど深刻な事態にはならない、ということは言えません。

 

整形依存症は別名、身体醜形障害ともいわれています。重度となってしまえば、極端な体型を望むことも少なくなく、結果的に摂食障害などにもつながってしまいます。

 

また、いつでもどこでも自分の身体の確認を行い、常にその構造について考えてしまうようになることから強迫性障害とも診断されることがあります。

 

そして重度となることによって、他人に自分の醜い身体や顔を見せたくない、という理由から引きこもりとなって社会から孤立し、最終的には自殺を考えてしまうことまであるようです。

 

自分を変えたいという願望も、行きすぎてしまうと依存症へ発展してしまいます。

 

整形依存症も症状が重篤化していくのは非常に危険です。美容整形が手軽になった現代だからこそ、よく考えておくべき問題と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加