アルコール依存症

アルコール依存症になってしまったときの症状と治療法

アルコール依存症になってしまったときの症状と治療法

お酒をたしなむ程度なら問題はありませんが、継続的に多量の飲酒を続けるとアルコール依存症になってしまう危険性があります。

 

アルコール依存症になってしまった場合には、さまざまな特徴的な症状があらわれ、日常生活に支障が出てしまうことも少なくありません。

 

また一度アルコール依存症になってしまうと、その状態から抜け出すのは非常に困難であると言われています。

 

ここではアルコール依存症になるとどのような症状が起こりうるのか、またその治療方法にはどのようなものがあるかについて紹介してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

どのような症状があらわれるのか

アルコール依存症になってしまうと、飲酒に関するあらゆることをコントロールすることができなくなります。

 

たとえば飲むべき状況や、時間帯、または量について冷静に判断ができなくなってしまうために、結果的にアルコールの過剰摂取が続くことになります。

 

また過剰摂取によって、アルコールに対し耐性がつくことから、次回にはより多く摂取するという悪循環にも陥ってしまいます。

 

もちろん過剰摂取するにはお酒を買う必要があり、経済的にも悪影響が出てしまいます。

 

そのため、家族や周囲の人間にまで迷惑をかけてしまう状況も多く見られます。

 

アルコールを断つことによる離脱症状とは

アルコール依存症を治すにはお酒を断つことが第一となりますが、そう簡単にやめることができません。

 

これは、離脱症状というものが起こるためです。

 

お酒を断つことによって体内のアルコールの濃度が低下してしまうと、身体のさまざまなところに影響があらわれます。

 

たとえば手が震えるといったことや、嘔吐、イライラする、不整脈、果ては幻覚といった症状などが離脱症状では起こります。

 

離脱症状から逃れるためには、完全にアルコールを抜いて依存症を完治させるか、体内のアルコール濃度を上げるしかありません。

 

スポンサーリンク

 

治療方法にはどういったものがあるのか

アルコール依存症は、そのままの状態放置をしておくと、心身に重大な問題を引き起こします。

 

そのため、できるだけ早い時期に治療をすることが大切となります。

 

しかし、お酒に対する判断がつかなくなることから、自分一人で断酒による治療は非常に困難であり、多くの場合は自制することができません。

 

そのため、アルコール依存症の治療方法として一般的なのは、入院による治療となります。

 

入院による治療はいくつかの段階にわけられ、時間をかけて医師のサポートの元でアルコールを断っていくことになります。

 

また、入院による治療では、抗酒薬といった薬も使用されます。

 

酒は百薬の長といわれることもありますが、一歩間違うと依存症になってしまうといった怖い側面ももち、自分だけではなく周囲にも大変な迷惑をかけてしまう恐れがあります。

 

対人関係や仕事の悩みなどから、アルコール依存症となってしまうことがあるかもしれません。

 

そういったときには、そのままアルコールに溺れてしまうことなく、早期に治療に望むということが重要となります。

 

スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加