依存症

依存症になってしまう人の特徴や原因について知る

依存症になってしまう人の特徴とその原因を知る

依存症というのは、古くからある精神的な症状のことを指しますが、近年ではかつてとは違った形での依存症がふえているようです。

 

かつて、依存症といえばアルコールやニコチン、あるいは薬物などに依存するものがほとんどでした。

 

しかし、最近ではスマホやネット、パチンコなどのギャンブルなどが原因となる、かつてとは違ったタイプの依存症がふえているようです。

 

依存症は精神的疾患の一つであり、克服するのは容易ではないといわれています。

 

克服するにあたって壁となるのが、かつては禁断症状などと呼ばれた、離脱症状です。

 

この離脱症状があるために、多くの依存症から抜け出せなくて苦しむのです。

 

専門医の元で、適切な治療と指導を受けないと、自分の意志だけで依存症を克服するのはなかなか困難だといえます。

 

このサイトでは、さまざまな依存症の特徴やその原因について紹介しています。

 

依存症という病の本質を少しでも多くの人にしっていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

アルコールによって身を滅ぼす恐ろしい病

お酒をたしなむ程度なら問題はありませんが、継続的に多量の飲酒を続けるとアルコール依存症になってしまう危険性があります。

 

アルコール依存症になってしまった場合には、さまざまな特徴的な症状があらわれ、日常生活に支障が出てしまうことも少なくありません。

 

《この記事の続きを読む》

 

コーヒーやお茶でカフェインを取りすぎることの危険性

カフェインは適量の摂取によって覚醒作用といった効果があり、眠いときに摂取するとよいとされています。

 

しかし眠気を覚ます効果があるからと、コーヒーをあまりにたくさん飲みすぎるとカフェイン依存症になってしまう可能性があります。

 

《この記事の続きを読む》

 

ゲームにハマってしまう若者がふえている理由

近年、家庭用ゲーム機やパソコン、スマホの普及により、ゲーム依存症になってしまう若者が多くなりました。

 

電源を切ってしまえばその時点で終わってしまうゲームに、なぜそこまで依存してしまうのでしょうか。

 

《この記事の続きを読む》

 

ニコチンを手放せなくなった人が受ける恐ろしい健康被害

一番身近な依存症といえば、喫煙によるニコチン依存症をあげることができます。

 

タバコのパッケージに記載されていることからもわかる通りに、喫煙には依存の可能性、そして肺気腫といった症状が起こり得ます。

 

《この記事の続きを読む》

 

マスクを手放せなくなってしまった若者たちの言い分

最近ではどういった状況にあってもマスクを着用している、マスク依存症と呼ばれる人たちがいます。

 

マスクはそもそも風邪などの予防のためや、ひいてしまったときに他の誰かに感染さないように着用するものです。

 

《この記事の続きを読む》

 

美容整形にハマってしまう女性の本当の理由

美しさを追求するあまり、美容整形にはまってしまう整形依存症というのがあるのをご存知でしょうか。

 

近年では、美容整形クリニックといったものが国内では増加しており、日帰りで行えるといった手軽な手術も登場してします。

 

もともとこうした美容整形は、コンプレックスを克服してより美しくなるためものであったはずなのに、なぜ依存症と呼ばれるほどはまってしまうのでしょうか?

 

《この記事の続きを読む》

 

甘いものを取りすぎると一気に老化するかも?

甘いものが大好き、という方は多いですよね。

 

これもまた行き過ぎれば、甘いもの依存症となってしまいます。

 

甘いもの依存症は別名、砂糖依存症とも言われており、その名前からもわかる通り、砂糖が大量に含まれたお菓子などを過剰摂取してしまう症状のことをいいます。

 

《この記事の続きを読む》

 

買い物をやめられない人の精神構造とは?

新しいものを買ったりすることはなかなか楽しいものですが、度が過ぎればこれも依存症となってしまうのをご存知でしょうか。

 

これはいわゆる買い物依存症と呼ばれる精神疾患になります。

 

薬物のような依存性があるわけでもないのに、この買い物依存症におちいってしまう人々の精神構造はどのようになっているのでしょうか。

 

《この記事の続きを読む》

 

パチンコがやめられなくなってしまう人の特徴と原因

日本における身近なギャンブルといえばパチンコですね。

 

実は最近、このパチンコがやめられなくなってしまう人がふえているのです。

 

いわゆるパチンコ依存症と言われる人々で、現在では精神的な疾患の一つであると考えられています。

 

《この記事の続きを読む》

 

実家を頼りすぎてしまって夫婦仲が悪くなってしまう人たち

社会人となっても、親の住んでいる実家をあてにしてしまう人たちのことを実家依存症といいます。

 

たとえば、結婚してマイホームがあるにも関わらずパートナーのうちのどちらかが実家に頻繁に赴いているような人たちは、まさに実家依存症ということになります。

 

こういった状況が続くと、夫婦仲にも影響してしまう可能性があります。

 

《この記事の続きを読む》

 

スマホなしでは生きられない人がふえている理由

スマホが普及したことによって、スマホ依存症となってしまった人が多くいるようです。

 

最近ではスマホを操作しながら歩く、いわゆる歩きスマホの問題も浮上してきています。

 

《この記事の続きを読む》

 

セレクトショップでの買い物がやめられない人たち

買い物依存症のなかでも、特定のブランドに執着してしまうケースをセレクトショップ依存症と呼びます。

 

これは別名、心的外傷後ブランド依存症とも言われ、買い物依存症と共通している部分は多いものの、若干異なる特徴をもっています。

 

ここではセレクトショップ依存症について、どういったものであるのか解説していきます。

 

《この記事の続きを読む》

 

ネットがなくては生きていけない若者たちの問題

インターネットが登場するとともに、その端末であるパソコンを通じてネットに依存してしまう人が多くなりました。

 

ネット依存症になってしまうと、社会に適合できなくなるような深刻な状況を引き起こしてしまうことも少なくありません。

 

本来インターネットは1つの情報発信媒体にすぎません。それなのに、なぜそこまでのめり込んでしまうのでしょうか?

 

《この記事の続きを読む》

 

恋愛に強く頼りすぎてしまう心理とDVやストーカーの危険性

激しい心理の変化が伴う行動には、依存症となってしまうリスクがあります。

 

その代表的なものの一つに恋愛依存症があります。これは、異性やパートナーに対してに必要以上に強く頼りすぎてしまう状態のことをいいます。

 

この場合、片方に恋愛感情がまったくなければ、いわゆるストーカーとなってしまうこともあります。

 

《この記事の続きを読む》

 

心の壁を作って他人とかかわることを回避する若者たち

昨今ではうまくコミュニケーションを取れない若者が急増中しているようです。

 

もしあなたにも心当たりがあるなら、回避依存症であるかもしれません。

 

回避依存症というのは、「他人との距離をおいてしまう」という状況に依存してしまう症状のことを言います。

 

《この記事の続きを読む》

 

彼女のことが気になって仕方がない精神的に幼い男性

彼女が今何をしているのか不安でたまらない、といった方は彼女依存症である可能性があります。

 

広い言葉には恋愛依存症、または共依存となりますが、恋愛関係において男性がパートナーである女性に依存してしまっている状態を指します。

 

《この記事の続きを読む》

 

誰かを頼らなくては生きていけない人々

特定の誰かに依存してしまうことを共依存症といいます。

 

夫婦間や恋人同士などにおいてよく見られるものとなっており、恋人依存症といわれるものもその症状の一つとなっています。

 

《この記事の続きを読む》

 

彼氏に頼らないと生きていけなくなった女性たちの特徴

必要以上に彼氏にベッタリして離れられなくなってしまう、いわゆる彼氏依存症というものがあります。

 

彼氏にたよらないと生きていけないとまで思ってしまっている彼女たちの心理状態は、一体どのようになっているのでしょうか?

 

《この記事の続きを読む》

 

性の快楽に溺れてしまう人たち

人は快感を伴う性行為に依存してしまう場合があります。

 

これは一般に性依存症と呼ばれるもので、日本ではあまり馴染みがない言葉かもしれません。

 

しかし、アメリカなどでは比較的ポピュラーな依存症の一つとなっています。

 

《この記事の続きを読む》

 

薬物の危険な誘惑に負けないために

薬物(いわゆるドラッグ)は人体に強い快感を引き起こし、容易に依存症へと導いてしまいます。

 

一回だけのつもりで使用しても、その強い依存性によって自分の意志ではやめることが出来なくなり、そのままズルズルと薬物依存症になってしまう人が多いのです。

 

《この記事の続きを読む》